ニュース
» 2018年02月28日 13時03分 公開

名前は未定、正式披露は今夏:東京五輪の大会マスコット決定 市松模様のキャラに

東京五輪のマスコットが「ア」案に決定。市松模様をキャラデザインに取り入れた点が特徴だ。全国の小学校(1万6769校)から投票で選ばれた。

[ITmedia]

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は2月28日、大会マスコットを決定したと発表した。大会エンブレムの市松模様をキャラデザインに取り入れたキャラクターで、ネーミングなどは未定。今後詳細を詰め、今夏に正式披露する予定だ。

photo 東京オリンピック・パラリンピック競技大会のマスコットキャラクター

約半年かけて決定

 デザイン案は今年8月に一般公募し、マスコット委員会の審査によって2042作品の中から最終候補3作品に絞られていた。採用作品は、全国の小学校(1万6769校)から投票で選ばれた。

 採用された「ア」案は、オリンピックマスコットは「伝統と近未来が1つになった温故知新なキャラクター」、パラリンピックマスコットは「桜の触覚と超能力を持つクールなキャラクター」という設定。

 「性格は正反対ですが、お互いを尊重しあい、大の仲良しです。おもてなしの精神は負けず劣らず。みんなを応援するためにベストを尽くしています」としている。

 「ア」案は今後、各種イベント、アニメーションなどで使用するほか、ライセンス商品としても展開する計画だ。

落選したキャラは招き猫などがモデル

 落選した「イ」案は、オリンピックマスコットは招き猫とキツネ、パラリンピックマスコットは神社の狛犬(こまいぬ)がモデル。「ウ」案はキツネとタヌキをモデルにしていた。

photo 落選した「イ」案
photo 落選した「ウ」案

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -