ニュース
» 2018年03月01日 14時15分 公開

mojimo-manga:フォントワークス、「同人誌制作を応援する」年間定額制サービス 年額3600円 

フォントワークスが年間定額制フォントサービス「mojimo-manga」をスタート。「同人誌制作を応援する」という。

[ITmedia]

 フォントワークスは3月1日、年間定額制フォントサービス「mojimo-manga(モジモマンガ)」をスタートした。アニメやマンガなどで使用頻度が高いフォント「筑紫アンティーク明朝」や「ラグランパンチ」など36書体を年額3600円(税別)でダウンロードできるサービスで、「同人誌制作を応援する」という。

「mojimo-manga(モジモマンガ)」をスタート
アニメやマンガなどでよく使われているフォントをセレクト(「マティス」は追加購入が必要)
36書体が定額で使える

 同社は既に年間定額制サービス「LETS」を提供しているが、年額3万6000円(1年コース、入会金別)とプロデザイナーやクリエイター向けの価格。同人誌制作など「趣味の活動でフォントを使いたい」というニーズをもつユーザーにとっては割高だった。気軽に使いやすい価格帯のサービスを提供することで、ユーザー層を広げる狙いだ。

使用例

 発売記念キャンペーンとして、「新世紀エヴァンゲリオン」で使用された「マティスEB」が入った「エヴァパッケージ」とmojimo-mangaのセットを5700円(単品合計から2500円引き)で500本を限定販売する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集