ニュース
» 2018年03月08日 17時15分 公開

マルウェアに感染:コインチェック、来週めどに補償開始へ 標的型攻撃が流出原因か

仮想通貨交換業者のコインチェックから仮想通貨「NEM」が流出した問題で、総額460億円分の補償を順次実施すると発表した。

[ITmedia]

 仮想通貨交換業者のコインチェックから仮想通貨「NEM」が流出した問題で、同社は3月8日、総額460億円分の補償を来週中をめどに順次実施すると発表した。和田晃一良社長が都内で会見して明らかにした。

photo 会見したコインチェックの和田社長=ニコニコ生放送より

 同社によると、社員宛てにマルウェアを含むメールが送られ、何者かが感染したPCを介して社内ネットワークに侵入、NEMの秘密鍵を盗んだのが流出原因だとみられるという。

 特定の企業の社員らを取引先などを装った偽のメールで狙い撃ちし、内部に侵入する手法は「標的型攻撃」と呼ばれ、2016年にはJTBから793万人分の個人情報が流出する事件が起きるなど、被害が相次いでいる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集