ニュース
» 2018年03月12日 13時10分 公開

選挙機材メーカー「ムサシ」も上昇:森友文書の書き換え問題で連想買い 「イムラ封筒」が急上昇 総選挙開催の思惑で

3月12日の東京株式市場でイムラ封筒(東証2部)が急上昇。森友文書の書き換え発覚で打撃を受けた内閣が総辞職または解散し、総選挙が開催されるとの思惑。選挙活動・投票に必要な封筒の需要が高まるとの連想買いが集まったようだ。

[ITmedia]

 財務省が学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る決済文書の書き換えを認めたのを受け、3月12日の東京株式市場では、総選挙への思惑から、封筒の製造・販売を手掛けるイムラ封筒(東証2部)が上昇している。

photo イムラ封筒の公式Webサイト

 イムラ封筒の株価は午前11時過ぎに急騰。午前11時4分には前営業日比54円高(+10.0%)の593円を付けた。午後0時52分現在の株価は19円高(+3.5%)の558円。

 文書書き換え発覚で打撃を受けた内閣が総辞職または解散し、総選挙が開催され、選挙活動や投票に必要な封筒の需要が高まる――との思惑から買いが集まったようだ。

photo イムラ封筒の株価の動き(=Yahoo!ファイナンスより)

 同社株の値動きを受けて、Twitter上では「投資家は選挙になると予想しているのか」「既に買っていた人は(先見の明が)すごい」――と驚く投稿が殺到。同日午後には「イムラ封筒」がトレンド入りした。

選挙機材メーカーも株価上昇

 選挙機材メーカーのムサシ(東証JASDAQ)も同様の理由で上げており、午後0時49分には78円高(+3.8%)の2117円を付けた。午後0時56分現在の株価は27円高(+1.3%)の2066円。

photo ムサシの株価の動き(=Yahoo!ファイナンスより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -