ニュース
» 2018年03月16日 12時37分 公開

人材確保へ待遇向上:ヤマト、フルタイムドライバーを正社員採用 有期契約は前倒しで無期に

ヤマト運輸は3月16日、人事制度改革を発表した。5月から、フルタイムのセールスドライバー(SD)として入社する社員は全て正社員として採用。また、現在有期契約の社員については、法定の5年を待たずに無期契約に転換できるようにする。物流業界で人手不足が深刻化する中、待遇の向上で継続的な人材確保につなげる

[中澤彩奈,ITmedia]

 ヤマト運輸は3月16日、人事制度改革を発表した。5月から、フルタイムのセールスドライバー(SD)として入社する社員は全て正社員として採用。また、現在有期契約の社員については、法定の5年を待たずに無期契約に転換できるようにする。物流業界で人手不足が深刻化する中、待遇の向上で継続的な人材確保につなげる。

 フルタイムのSDは従来、正社員への登用を前提として契約社員として採用。おおむね入社後2年程度で正社員に登用してきたという。

 新制度では、5月16日以降に入社したSDについて、全員正社員として採用する。フルタイム契約社員のSD(約5000人)と、一定の基準を満たしている契約社員の事務職員など(約2000人)も、本人が希望すれば5月16日付で正社員に登用する。

photo 「無期転換ルール」イメージ図

 フルタイムの有期契約社員は、勤続3年を超えた場合、申し込むことで無期契約に転換できるようにする。パートタイムの有期契約社員も、一定の基準に達した場合は無期契約を結べるようにする。対象者はそれぞれ約1900人と約3万7000人。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集