ニュース
» 2018年03月28日 19時16分 公開

購買データを取得:“データの会社”目指すヤフー、スマホバーコード決済に参入 税金も払える

ヤフーがバーコード決済サービスに参入。「ヤフー公式アプリ」がバーコードの読み込みと表示に対応し、税金や公共料金、加盟店での買い物が可能になる。今春〜今秋にかけて段階的に実装する。

[ITmedia]

 ヤフーは3月28日、バーコード決済サービスに参入すると発表した。スマートフォン向けの「ヤフー公式アプリ」がバーコードの読み込みと表示に対応し、税金や公共料金、加盟店での買い物が可能になるもので、今春〜今秋にかけて段階的に実装する。ヤフーは決済手数料を得るほか、顧客の購買データの活用が可能になる。

 第1弾として4月から、アプリで払込票のバーコードを読み込むと、住民税、固定資産時、ガス料金、水道料金――などが電子マネー「Yahoo!マネー」で支払えるサービスを始める。全国の150以上の自治体で利用できる。

photo アプリで払込票のバーコードを読み込むと、税金や公共料金が払える

 第2弾として6月から、アプリ上に表示したQRコード・バーコードを、加盟店の端末で読み取って決済できるサービス「『みせる』決済」を始める。加盟店の数や業種などは「現時点では未定」(広報担当者)という。

 第3弾として今秋から、 加盟店側が表示したQRコード・バーコードを、「Yahoo! JAPAN」アプリでスキャンすると決済できるサービス「『よみとる』決済」を始める。

 「みせる」「よみとる」の両サービスは、「Yahoo!マネー」のほか、決済サービス「Yahoo!ウォレット」に登録したクレジットカードによる支払いにも対応する。

photo 加盟店ではQRコード決済にも対応する

 ヤフーは「6月に宮坂学社長が退任して川邊健太郎が新社長となり、ヤフーは“データの会社”に変わる。活用法は未定だが、購買データを手に入れることで、当社のビッグデータはさらに価値を増すだろう」(広報担当者)と話している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -