ニュース
» 2018年04月02日 12時21分 公開

535店:ビッグエコー、無料Wi-Fiとスマホ充電器を全店舗に導入

第一興商は4月2日、カラオケボックス「ビッグエコー」全店(535店舗)に無料で利用できるWi-Fiとスマートフォン充電器を4月上旬から導入すると発表した。

[中澤彩奈,ITmedia]

 第一興商は4月2日、カラオケボックス「ビッグエコー」全店(535店舗)に無料で利用できるWi-Fiとスマートフォン充電器を4月上旬から導入すると発表した。

phot 無料Wi-Fiとスマートフォン充電器を導入

 無料Wi-Fiは受け付け時にパスワードを配布。スマホ充電器は受け付けでケーブルを貸し出すか、一部店舗はカラオケルームに常設する。それぞれ無料で利用できる。

 ビッグエコーは1988年に福岡市で誕生。30周年を迎えるに当たり、ユーザー調査を実施したところ、カラオケボックスにあるとうれしいサービスとして「Wi-Fi環境整備」や「スマホの充電器貸し出し」が挙がったという。

 こうしたニーズに加え、訪日外国人の増加なども考慮して導入を決めた。「データ通信料やスマホの電池残量を気にすることなく、より快適にカラオケを楽しめる」としている。

phot 今年度は「ビッグエコー30周年イヤー」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集