ニュース
» 2018年04月06日 12時07分 公開

エントリーシート選考で:横浜銀行、新卒採用にAI活用 業務効率化図る

横浜銀行が19年度の新卒採用のエントリーシート選考においてAIを活用する。採用担当者の業務効率化などを図る。

[ITmedia]

 地銀大手の横浜銀行が2019年度の新卒採用のエントリーシート選考においてAI(人工知能)を活用する。採用担当者の業務効率化に加え、応募者をより客観的かつ適正に評価することが理由だという。

採用選考にAIを活用する横浜銀行 採用選考にAIを活用する横浜銀行

 従来の選考では、複数の採用担当者が数千件のエントリーシートを読み込んで合否を判断。AIを活用することでエントリーシートの確認時間を大幅に削減し、浮いた時間を面接などの対面コミュニケーションに充てるなど、より深い選考活動ができるようになる。

 実際の選考では、過去のデータを学習させたAIに志望動機などの文章を読み込ませ、評価を定量化。その結果を書類選考の判断材料の1つとして活用し、合格基準を総合的に満たす応募者は面接など次の選考に進めるようにする。

活用イメージ 活用イメージ

 活用するAI技術はFRONTEOが開発した「KIBIT」。同行はこれまでも顧客との面談記録の分析などにKIBITを使っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -