コラム
» 2018年04月23日 06時00分 公開

コスト削減だけではない:今こそ知りたい! RPAツールの選び方 (1/3)

バックオフィスの業務を自動化するRPAが注目されています。効果的に運用できれば、大幅な業務改善につながりますが、どのようなツールを選んだらいいのでしょうか。ポイントを解説します。

[トレードシフトジャパン編集部,ITmedia]

お知らせ:

本記事は、トレードシフトジャパンが運営する「トレードシフトブログ」から転載したものです。


 RPA(Robotic Process Automation)とは、主に接客を行わないバックオフィスの業務を自動化することであり、そのためのソフトウェアが多くの企業から提供されています。製造現場における肉体労働を産業用ロボットに置き換えてきた自動化と同様、経理、総務、購買部門におけるルール化された事務処理を自動化する目的として開発されてきました。

 RPAが注目されている最大の要因は、日本の人口減少による労働者不足、景気の動向による雇用需要への対応です。RPAというロボットに仕事を任せられるため離職リスクがなく、同時に余裕のできた人員をフロントオフィス(コア業務)へ回し、事業や利益の拡大につなげられる事も大きな魅力でしょう。

 効率的な運用ができれば大幅な業務効率改善につながるRPAですが、どのようなことが可能で、選定時にはどのようなポイントを意識すべきか? 今回はそれらをまとめていきたいと思います。

photo バックオフィス業務を自動化するRPAツール。何ができるのか。どのように選べばいいのか

RPAができること

 RPAツールは、業務のルールや処理内容をあらかじめ設定しておくと、人を介さず自動的に業務処理を行うことができます。

 例えば、顧客からさまざまなフォーマットで注文書を受領し、その注文内容をオペレーターが自社の受注管理システムに手入力する業務があったとします。この業務にRPAを導入すると、注文書フォーマットを自動判別し、そこにある文字列を読み取り、その文字列を受注管理システムの対応する項目に転記する、ということが自動でできるようになります。

自動化できる処理

 これらのRPAツールは、メールや表計算ソフトなど人が使用する既存のソフトウェアを操作するためのさまざまな機能を持っています。RPAが自動化できる処理の代表的な例は次の通りです。

・アプリケーションの画面操作

 メーラーや表計算ソフト、Webブラウザの操作や、さまざまな専用システムやデータベースへの入出力を、操作画面やコマンドラインを利用して操作できます。

・テキストの認識

 Webサイトやメールなどを開いてテキストを認識することが可能です。

・画像の認識

 画像を解析してイメージを選別します。テキストが画像データとして載っている場合は、OCR(光学式文字読み取り)ソフトを用いてテキストのみ抽出。より信頼度の高い解析ソフトにデータを受け渡して解析結果を取得することもできます。

・各種データの構造解析

 HTMLコードを解析するWebスクレイピング機能により、Webサイトから必要なデータだけを抽出して、それを他のシステムなどに受け渡すことが可能です。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集