なぜあの商品は売れた? 行列研究所が謎に迫る
ニュース
» 2018年05月11日 11時17分 公開

工場もフル稼働:出荷量が4年で7倍 ピーチの「龍角散」人気の秘密 (1/3)

青いラベルでおなじみの「龍角散」を飲みやすくした「龍角散ダイレクトスティック ピーチ」がバカ売れしている。従来の龍角散は微粉末の状態で缶に入ったものだが、同商品は顆粒にしてスティックに入れてある。人気の秘密は飲みやすさ以外にもあった。

[昆清徳,ITmedia]

 のど薬「龍角散」シリーズに「龍角散ダイレクトスティック ピーチ」(実勢価格:税込550円前後)がある。最も歴史がある青いラベルの龍角散(微粉末)は缶に入っているが、「ダイレクト」シリーズは顆粒の状態でスティックに入っているものと、トローチタイプがある。

 龍角散ピーチは2008年に発売されてから、売り上げを大きく伸ばしている。龍角散(東京都千代田区)によると、17年度の年間出荷量は約500万個で、13年度から7倍以上に増えているという。さらに、龍角散(微粉末)と龍角散ダイレクト3種の売り上げ全体に占める龍角散ピーチの割合は約3割にものぼる。同社は16年に製造ラインを強化し、必要に応じて24時間生産を実施しているほどだ。

 なぜ、これほど売れるようになったのか。

photo 「龍角散ダイレクトスティック ピーチ」(出所:龍角散公式Webサイト)
photo 龍角散シリーズ(出所:龍角散公式Webサイト)

桃風味の龍角散が誕生した背景

 「龍角散ダイレクトスティック」シリーズは「龍角散(微粉末)が飲みにくい」という顧客の声を受けて開発された。

 それまでの龍角散は、専用のサジにとって口まで運ぶ必要があった。しかし、粒子があまりにも細かいため「さじからこぼれてしまう」「口に含んだ直後にむせてしまう」という問題があった。

 顆粒状ならば、口に運ぶまでに飛散する心配がない。さらに、口の中に入れてから溶けるので、むせることなく飲み込むことができる。

photo 龍角散(微粉末)の服用方法(出所:龍角散公式Webサイト)
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -