連載
» 2018年05月18日 12時06分 公開

赤坂8丁目発 スポーツ246:日大アメフト部の監督に逆らえば、「路頭に迷う」は本当か (3/4)

[臼北信行,ITmedia]

内田監督に嫌われるわけにはいかない

 日大アメフト部でレギュラーの座をつかみ、主力選手になれば将来も安泰。卒業後、内田監督の持つコネクションから社会人アメフトの強豪チームに入部した選手たちはこれまでも数多くいる。そして、たとえ主力選手になれなくても内田監督のお眼鏡にかなえば一流企業への就職口も紹介してもらえることが可能というのだ。

 「一流企業の人事担当者たちも内田さんのところでアメフトをやっていたのならば、主従関係の大切さも身をもって叩き込まれているから安心という意識を持っている。実際に日大アメフト部出身者で一流企業に就職したOBは星の数ほどいる。いろいろな大手企業に散らばっているから、内田さんが『今度ウチの○○がお前のところに入りたいと言っているから、よろしく頼む』と言えば“ツルの一声”でスンナリ入れるルートが各一流企業に構築されている」(前出の関係者)

 そういう背景があるとしたら、学生である部員たちは自分の将来のことも考えると「内田監督に嫌われるわけにはいかない」と思い込むようになるのも無理はない。むしろ同監督からの評価ポイントを上げるため、どのような指示に対しても率先して実行しようという意識も働くであろう。

 日大アメフト部のOBからは「もし内田監督から嫌われたり、自主退部したりしたら『○○は使い物にならないよ』と各一流企業の人事担当者に通達されてブラックリスト入りしてしまう危険性もある。だから部員は是が非でも監督にだけは逆らえない環境が整う」と指摘する声まで聞こえてくるから、開いた口が塞(ふさ)がらない。

 しかも内田監督は日大内部でも常務理事の人事を担当するなど重責を担っている。また日大保健体育事務局の「長」としてアメフトだけでなく日大の体育会全体を取りまとめる立場にもあり、大学内部では以前から「とにかく、あらゆるところに顔が利いて不祥事のモミ消しなど危ない根回しも容易にできるポジションにいる。それぐらい権力が集まっていたから本人も『自分こそが絶対に正しい』と勘違いするようになっていたところがあった」と内田監督に批判的な声が数多く出ていたのも事実だ。

日大アメフト部は試合中の反則行為についてコメントしているが……(出典:日本大学アメリカンフットボール部フェニックスOfficialサイト)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -