ニュース
» 2018年06月20日 19時00分 公開

英国スコットランドの香り:キリン、スコッチウイスキー「ホワイトホース」のハイボール発売 (1/2)

キリンビールがスコッチウイスキー「ホワイトホース」を使ったハイボールを発売する。スコッチのスモーキーな香りに着目し他のウイスキーは混ぜずに仕上げた。

[服部良祐,ITmedia]

 キリンビールはスコッチウイスキーを使った「ホワイトホース ハイボール」を7月10日に発売する。英国のスコッチの老舗ブランド、ホワイトホースを使用。同社によると、ブレンドせずスコッチウイスキーのみを使った缶のハイボールは日本初。

photo 香りが特徴のホワイトホース ハイボール

スコッチの香り高さ生かす

 価格はオープンだが、参考価格は350ミリリットル缶が税別178円、500ミリリットル缶が240円。アルコール度数は6%。

 ここで使われているスコッチとは、英国のスコットランド地方で作られるウイスキーのこと。米国のケンタッキー州を中心に作られているバーボンと並び、世界中で流通している。

 キリンビールによると、この商品の最大の売りは「香り」。スコッチウイスキーならではのスモーキーな香りを生かすため、他のウイスキーやアルコールはブレンドせずに仕上げた。

 同社の調査によると、消費者から既存のハイボール缶に対して「ウイスキーの香りや味わいがない」「人工的」といった不満の声が上がっていた。一方でスコッチは国産やバーボンに比べて消費者から「スモーキー」「香りが良さそう」といったイメージを強く持たれている点に着目。

 「他社では炭酸の強さを強調するハイボールもあるが、うちは香りにこだわるためスコッチを使った」(担当者)。6%というアルコール度数も、スコッチの香りを最も楽しめる濃度を計算した結果という。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -