ニュース
» 2018年06月29日 13時12分 公開

「高プロ」新設など柱:「働き方改革」が参院本会議で可決・成立

「働き方改革関連法案」が自民、公明両党などの賛成多数で可決され、成立した。

[ITmedia]
photo 6月29日、参院本会議は、安倍晋三政権が今国会の最重要法案と位置づける「働き方改革関連法案」を自民、公明両党などの賛成多数で可決し、同法案は成立した。写真は都内で2014年9月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 29日 ロイター] - 参院本会議は29日、安倍晋三政権が今国会の最重要法案と位置づける「働き方改革関連法案」を自民、公明両党などの賛成多数で可決し、同法案は成立した。環太平洋連携協定(TPP)の関連法案も可決・成立し、7月22日までの延長国会は、安倍政権が早期成立を急ぐカジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案の審議が焦点となる。

「働き方改革法案」は、専門性が高く所得の高い労働者を労働時間規制の対象からはずし、自由な働き方で成果を上げてもらう脱時間給制度である「高度プロフェッショナル制度」の新設などが柱。立憲民主党など野党は、長時間労働や過労死を助長するとして反対してきた。

法案には当初、裁量労働制の適用業種の拡大も盛り込む予定だったが、厚生労働省が調査・作成した不適切データの影響で削られた。

28日の参院厚生労働委員会では、立憲民主党や共産党などが法案の採決は認められないとして、同委員会の島村大委員長の解任決議案を提出したが、参院で野党第一党の国民民主党は加わらず、野党の対応が割れ、同委で採決された。

日本など11カ国が参加する環太平洋連携協定(TPP)の関連法案も、参院本会議で採決が行われ、自民・公明両党などの賛成多数で可決された。

TPP関連法案を審議してきた参院内閣委員会は、今後、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案の審議を急ぐ。与党は公明党が重視するギャンブル依存症対策基本法案を先に成立させ、その後にIR法案の審議を急ぐ。

(竹本能文 編集:田巻一彦)

Copyright © Thomson Reuters

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -