調査リポート
» 2018年07月24日 13時12分 公開

フレックス、テレワークは「今っぽい」:会社員が「昭和っぽい」と感じる働き方 2位は「長時間労働」 1位は……?

現代のビジネスパーソンが「昭和っぽい」と感じる社風や働き方は?――ワークスモバイルジャパン調べ。

[ITmedia]

 現代のビジネスパーソンが「昭和っぽい」と感じる社風や働き方は? ビジネス向けチャットツール「LINE WORKS」を展開するワークスモバイルジャパンの調査によると、1位は「有給・病欠・産休などの休暇が取りづらい」(56.3%)だった。

photo 現代のビジネスパーソンが「昭和っぽい」と感じる社風や働き方は?

 2位は「働く時間が長い」(47.9%)、3位は「残業が評価される」(43.3%)と続き、長時間働いたり、休みを削って働いたりすることを「頑張っている」と評価する風潮は、現代では“昭和的”だと捉えられることが分かった。

 4位は「会社の飲み会は強制参加」(39.4%)、5位は「上司が退社するまで帰れない雰囲気がある」(38.6%)。「社内決裁に時間がかかる」「会議の回数が多い」などの声もあった。

photo 「昭和っぽい働き方」ランキング

「残業代を稼ぎやすい」利点も?

 こうした社風や働き方の不満点を聞いたところ、「慢性的に残業がある」「業務の進め方が非効率的」「IT利活用が進んでいない」「社員関係がプライベートまで及ぶ」などが挙がった。

 一方、「年功序列で昇進できる」「残業代を稼ぎやすい」「社員同士の仲がいい」などと、“昭和的”な働き方のメリットを評価する声もあった。

フレックス、テレワークは「今っぽい」

 では、社会人が「今っぽい」と感じる社風や働き方は? 調査によると、1位は「有給・病欠・産休などの休暇が取りやすい」(54.3%)。2位は「仕事が終わればすぐに帰ってもよい雰囲気がある」(45.5%)、3位は「残業時間と評価に関係がない」(43.3%)だった。

 4位は「フレックスタイム制を導入し、社員全員が決まった時間に出社しなくてもよい」(42.1%)、5位は「テレワークなどを導入し、働く場所を柔軟に変えられる」(36.2%)――という結果になった。

photo 「今っぽい働き方」ランキング

 ワークスモバイルジャパンは「『休暇』『労働時間』『残業に対する評価』に関する違いが、昭和的な働き方かイマドキな働き方かを分ける傾向がみられた」と結論付けている。

 調査は6月25日〜27日にかけて、全国の20〜50歳の正社員を対象にインターネット上で実施。624サンプルの回答を得た。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -