ニュース
» 2018年08月03日 16時06分 公開

購入者の6割は20〜30代:独身者のマンション購入事情 「年収500万円」が1つの目安

不動産のビッグデータを活用したコンサルティング事業などを手掛けるスタイルアクトは8月3日、独身者の自宅マンション購入に関する調査結果を発表した。

[中澤彩奈,ITmedia]

 不動産のビッグデータを活用したコンサルティング事業などを手掛けるスタイルアクト(東京都中央区)は8月3日、独身者の自宅マンション購入に関する調査結果を発表した。「年収500万円」が自宅マンション購入を考え始める1つの目安になっているようだ。

photo 自宅マンション購入者の年収

 自宅マンション購入時の年収は「年収が500万未満」では26%だったのに対し、「年収が500万円〜1000万円台」では47%と半数近くに上り、「年収500万円」以上で自宅マンションの購入を意識する人が急増することが分かった。

photo 自宅マンション購入理由は?

 購入を検討した理由については、31%が「家賃を払い続けるのがもったいないから」と回答。「持ち家は資産になるから」と、資産形成を目的に購入する独身者も2割を超えた。

photo 自宅マンション購入時の年齢
photo 資金援助額はいくらだった?

 購入時の年齢では「20〜30代」が62%で最も多かった。資金援助額を聞いたところ「300万未満」が8割近くに上り、その中には「まったく援助を受けていない」人もいたという。早い段階で将来を見据えて自宅マンションを購入する自立した若者が多いと言えそうだ。

 調査は4月13〜24日、7月17〜21日に、独身時に自宅マンションを購入した83人を対象にネット上で実施した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -