ヒトオシ
特集
» 2018年08月27日 07時00分 公開

日本のおもてなし術の“伝道師”:「ローソン外国人店員研修」で500人育てた「カリスマママ教官」の愛のムチ (1/4)

ローソンの外国人向け店員研修に記者が参加。指導役の女性が参加者の国の文化に配慮しつつ、厳しく丁寧に複雑なコンビニ業務をレクチャーした。

[服部良祐,ITmedia]

「教え子外国人500人」のトレーナー

 「お店の人に会ったらいつも元気よくあいさつしてくださいね。店に入ったら『おはようございまーす!荷物置いてもいいですかー!』って。日本人はあいさつ大好きなんですよ」。

photo ローソンでは実際の店舗で外国人向けに研修する

 東京都新宿区のとあるローソンの店舗。奥にある事務スペースが今回の外国人向け店員研修の舞台だ。声を張り上げてあいさつやお辞儀の方法などを教えるのは、ローソン傘下で従業員の派遣などを手掛けるローソンスタッフ(新潟市)のチーフトレーナー、吉岡由美子さん。3年半の間、500人以上の外国人の教え子を現場に送り込んできたベテランだ。

 今回研修を受けるのは、台湾出身の林柏彰さんと韓国から来た安成敏さん。2人とも24歳だ。林さんは日本語学校で勉強中で将来は日本で働くのが夢。安さんは韓国の大学の卒業を前にして、社会人になる前に1度外国に住んでみようと思い訪日した。

 研修は1回3時間程度で全10回。ローソンの店舗での勤務を希望してきた外国人に対し、吉岡さんら指導役がレジの打ち方や商品の陳列、身だしなみや禁止事項に至るまで事細かに教育する。

 研修中は教えた内容が身についているか吉岡さんが“カルテ”に評価を付ける。最終回では実際の店舗に立って接客を実践してもらい、合格ラインに達したと判断されれば卒業。その後は人手の足りないローソンの各店舗に、ローソンスタッフから派遣される助っ人として働くことになる。

photo パワフルな吉岡さん(左)のレクチャーを受ける林さん(中央)と安さん
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -