連載
» 2018年11月01日 07時00分 公開

世界を読み解くニュース・サロン:シリアから解放の安田氏に問われる、ジャーナリストとしての“2つの姿勢” (1/5)

シリアで武装組織に拘束されていた日本人ジャーナリストが解放された。世界的なベテランジャーナリストに見解を聞くと、ジャーナリストとしての「姿勢」について指摘していた。安田氏に欠けていた姿勢とは?

[山田敏弘,ITmedia]

 10月23日、シリアで武装組織に拘束されていたジャーナリストの安田純平氏が3年ぶりに解放された。日本ではすぐに菅義偉官房長官が記者会見を開き、安田氏の解放についての情報がカタール政府からもたらされたと発表した。

 安田氏はトルコのイスタンブールから日本へ帰国、成田空港で妻や両親と再会し、記者会見を開くことなく空港を去った。

 いまさら言うまでもないが、解放の一報から、日本ではテレビやインターネットなどを中心に、安田氏について「自己責任論」をはじめとするさまざまな意見が飛び交った。

 筆者はこの「解放騒動」を取材で訪れていた台湾で知った。台湾でもテレビでこのニュースを流していた。帰国後、この騒動についていろいろな意見を見聞きしたが、もはや賛否ともにほとんどの見解は出尽くした感がある。

photo シリアで武装組織に拘束された日本人ジャーナリストが解放。ベテランジャーナリストが語る見解とは?(写真提供:ゲッティイメージズ)

 そんな中、筆者は先日、あるベテラン米国人ジャーナリストとこの件について話をする機会があった。このジャーナリストは1994年にジャーナリズム界の最高賞である「ピュリツァー賞」を受賞した元新聞記者で、その後は米ニューズウィーク誌の記者として活躍、戦中のイラクやソマリアに駐在していた戦場ジャーナリストでもある。筆者も、ニューズウィークで同僚として一緒に取材・執筆したことが何度かあり、今もよく連絡を取り合う親しい友人でもある。

 このジャーナリスト、レノックス・サミュエルズ氏から見れば、今回の一連の騒動はどう見えるのか。もちろんこのジャーナリストの言っていることが全て正しいというわけではない。だが、ピュリツァー賞も得たベテランジャーナリストのサミュエルズ氏がどんな見解を持ったのか。彼の言葉に耳を傾けてみたい。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -