ニュース
» 2004年06月07日 16時52分 UPDATE

厚労省の学生職業総合支援センターWebサイトが改ざん

厚生労働省は6月7日、学生職業総合支援センターのWebサイトが改ざんされたと発表した。同サイトは現在運用を停止している。同省によると、会員情報などの漏えいはないとしている。

[ITmedia]

 厚生労働省は6月7日、学生職業総合支援センターのWebサイトが改ざんされたと発表した。同サイトは現在運用を停止している。

 6月5日、内閣官房の情報セキュリティ対策室が同Webサイトの改ざんを発見。同日9時30分ごろ厚労省に連絡が入り、ただちに学生職業総合支援センターのWebサイトを閉鎖。公開Webサーバをネットワークから切り離す処置をした。

 英語とも言い切れない英文表記で、「改ざんは楽しい」など政府批判を含めた内容に書き換えられていたという。

 厚労省によると、このサイトでは学生向けの求人情報や求人イベント情報を提供していた。一部、会員登録を行ったユーザー向けのサービスも行っていたが、会員情報を扱っているデータベースはWebサーバと別サーバで運用されており、「調査の結果、個人情報へアクセスされた形跡はない」という。

 現在、復旧作業を行っており、「できるだけ早急に復旧したい」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ