速報
» 2004年06月09日 08時12分 UPDATE

MS、ソフト開発の「やることリスト」特許を取得

米Microsoftは、「統合開発環境内で利用するタスクリストウィンドウ」に関する特許を取得。これはソフト開発の過程で、やらなければならない作業のリストアップ・管理を支援するものだとしている。

[ITmedia]

 米Microsoftが6月8日、「統合開発環境内で利用するタスクリストウィンドウ」に関する特許(特許番号6,748,582)を取得した。

 特許文書によれば、これはソフト開発の過程で、やらなければならない作業のリストアップ・管理を支援するもの。

 ソフトアプリケーションの複雑化に伴い、開発者が把握し、覚えておかなければならない情報も多様化、複雑化が進んでいると特許文書では指摘。コードのエラーや警告、ユーザーが指定した作業などを1カ所にまとめ、やることリストとして管理することで、ソフト開発者を支援できると説明している。

 やることリストは作業が完了すると「リアルタイム」でアップデートされ、新たなタスクが作成される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -