速報
» 2004年11月02日 08時51分 UPDATE

Safariにステータスバー詐称の脆弱性

タブブラウザ関連に続き、Safariに新たな脆弱性が発見された。

[ITmedia]

 セキュリティ調査会社のSecuniaは11月1日、Mac OS X用WebブラウザのSafariに脆弱性が発見されたとのアドバイザリーを発表した。

 JavaScriptサポートをオフにした状態でも間違ったURLをステータスバーに表示させることで不正なWebサイトであることを隠し、ユーザーが不正なWebサイトに誘導される危険がある。

 この脆弱性はSafariの最新版である1.2.3で確認されている。他のバージョンでも影響を受ける可能性がある。対応としては、信頼できないソースからのリンクをクリックしないこと。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -