速報
» 2004年11月20日 08時07分 UPDATE

Symbian端末を襲う新種のトロイの木馬「Skulls」

FOMA 901iのウイルス対策機能はタイミングがよかったかもしれない。Symbianベースの新たなトロイの木馬「Skulls」の感染例が発見された。

[ITmedia]

 フィンランドのウイルス対策企業、F-Secureは11月19日、Symbianベースの携帯電話の利用者の一部に、新しいトロイの木馬「Skulls」の感染がみられると報告した

 このトロイの木馬は、スマートフォン用のテーマ管理ツールを装って一部のSymbian用シェアウェアのダウンロードサイトで出回っているが、普通のプログラムだと思ってインストールすると、スマートフォンの機能が使えなくなる(電話は掛けられるがメッセージングやWeb閲覧などができなくなる)という。

 Skulls(頭蓋骨)の名称通り、このトロイの木馬がインストールされた端末では、画面上のアイコンがどくろマークに変わってしまう。

 このトロイの木馬のファイル名は「Extended theme.SIS」となっており、“Tre-222”によって書かれたNokia 7610用のテーマ管理ツールだと偽っている。

 PC同様、携帯端末を標的とする悪質なプログラムも増加傾向にあるようだ。2004年6月、初のスマートフォン向けワームとして「Cabir」というコンセプトウイルスが報告された。先日は「Delf」という、携帯電話宛てに迷惑メールを送信するトロイの木馬も発見されている。(→詳細記事)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -