速報
» 2005年01月13日 19時06分 UPDATE

Sophos、テトリスを装うCelleryワームを報告

[ITmedia]

 セキュリティ企業Sophosは1月12日、テトリスを装って感染を拡大しようとする新しいワーム「W32/Cellery-A」が発見されたと報告した。

 同社によると、Celleryワームは「Chancellery」というメッセージを表示することからこの名が付けられた。

 同ワームはレジストリを変更して、Windows起動時に自身が自動的に実行されるようにする。実行されると、テトリスのようなゲームを表示してMIDIを流し、感染したシステム上のネットワークドライブや、そのシステムに接続されているコンピュータを探して感染を広めようとする。

 「このワームはテトリスを煙幕に、ネットワークを介してコンピュータからコンピュータに感染しようとする。オフィスでゲームをすることが認められている会社の場合、社員は懸念すべきものというよりも、単にインストールされた新しいゲームだと思ってしまうかもしれない」とSophosの上級技術コンサルタント、グラハム・クルーリー氏はリリースで述べている。

ah_cellery.jpg Celleryワームはシステムに感染するとテトリスを表示する

 同ワームの報告は少ないが、Sophosはウイルス対策ソフトを最新の状態にしておくようユーザーに勧めている。

 Trend Microはこのワームを「WORM_CELLERY.A」として報告しており、危険度を「低」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ