速報
» 2005年03月10日 09時01分 UPDATE

米でまた個人情報流出、3万2000人の社会保障番号など漏えい

米情報サービス企業LexisNexisのシステムが不正アクセスされ、約3万2000人の個人情報が流出する事件が起きた。

[ITmedia]

 米情報サービス企業LexisNexisのシステムが不正アクセスされ、約3万2000人の個人情報が流出する事件が起きた。米国ではChoicePointやBank of Americaなどで大量の個人情報が流出する事件が相次ぎ問題になっている。

 LexisNexisの親会社Reed Elsevierが3月9日発表したところでは、流出したと見られるのは米国人約3万2000人の氏名、住所、社会保障番号、運転免許証番号などの情報。ただ、信用履歴、医療記録、資産情報などは漏れていないとしている。

 事件については司法当局に通報済みで、協力して捜査に当たっているという。被害を受けた可能性がある個人にはすべて通知し、なりすましなどの被害があればすぐに発見して対応できるよう、クレジット監視などのサポートを提供する方針。

 今回の事件を受け、今後はIDとパスワード管理強化、消費者のプライバシー保護のための追加的措置といった対応を取るとReed Elsevierは説明している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ