速報
» 2005年03月16日 09時13分 UPDATE

Fedora Core利用のWebサーバが急上昇

LinuxのFedora Coreを利用しているWebサーバが過去6カ月で急増している。ブランドを使い分けるRed Hatの戦略はうまくいっているようだ。

[ITmedia]

 Red Hatが立ち上げたコミュニティー主導型のLinux「Fedora」を利用しているWebサーバが過去6カ月で急増したことが、調査会社Netcraftの調べで分かった。

 NetcraftではWebサーバのバナーに含まれているLinuxディストリビューションの名称を調査。Fedoraを利用しているサイトは昨年9月の18万2421件から今年3月には40万5682に増え、伸び率は122.4%と群を抜いていた。

 最も多く利用されているのは依然としてRed Hatだが、伸び率は1.2%のマイナス。ただ、Red Hat自体のシェアは落ちていても、Fedoraを合わせるとシェア約50%で微増になっているという。

 商用製品ではRed Hatブランドを使い、Fedoraではコミュニティー主導型の開発を利用して新機能を試すというRed Hatの戦略はうまくいっているようだとNetcraftは指摘する。

 Red Hatの次に多いのはDebian、Cobalt、SUSE、Fedora、Mandrake、Gentooの順となっている。

関連キーワード

Linux | Windows | オープンソース


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -