速報
» 2005年04月13日 23時41分 UPDATE

Windows 2000にMS05-019のパッチ適用でスループットが大きく低下

Microsoftが公開したサポート情報によると、Windows 2000にMS05-019のパッチを適用すると、スループットが4分の1にまで低下する可能性があるという。

[ITmedia]

 Microsoftが公開したサポート情報によると、4月12日に月例パッチの1つとして公開された「MS05-019」の修正プログラムを適用すると、ネットワークのスループットが大きく低下する可能性があるという。

 この問題は、Windows 2000で発生する可能性がある。Windows 2000 Service Pack 3では100Mbpsのネットワークで64KBに設定されていたTCPウインドウサイズが、MS05-019の適用により1万7520バイトに変更されてしまうために発生する。場合によってはスループットは4分の1程度にまで低下するということだ。

 この問題を解決するには、レジストリを変更して「TcpWindowSize」というエントリを追加するか、「Setsockopt」を変更し、ウインドウサイズをソケットベースに変更すればよい。ただしレジストリ変更作業は「自己責任」。Microsoftではトラブルに備え作業前にバックアップを取っておくことを推奨している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -