ニュース
» 2005年05月25日 17時14分 UPDATE

テンアートニ、Firefoxの導入コンサルティングとサポートを開始

テンアートニは「Mozilla Firefox」を全社における標準ブラウザとして導入、完了したことを発表した。そのノウハウをコンサルティングサービスとしてビジネス展開を図る。

[ITmedia]

 テンアートニは5月25日、オープンソースのWebブラウザ「Mozilla Firefox」を全社における標準ブラウザとして導入、完了したことを発表した。そのノウハウをもとに、Firefoxの導入を検討している法人ユーザー向けに、導入に関わるサービス(導入コンサルティングとメールによるテクニカルサポート)の提供を7月から開始する予定。

 同社では、第一にセキュリティ対策、第二にクライアント管理コストの削減を目的として、2004年11月の公開直後からFirefoxの全社導入を開始、Mozilla Japanの協力で、企業での導入に向けた課題の抽出とそれに対する機能拡張を進めてきた。同社が行った実施内容は以下のとおり。

  • 社内導入に必要な機能、課題を取りまとめ、Mozilla Japanに提言
  • Firefoxの各種オプションの集中管理
  • プロキシ切替拡張機能作成 (Mozilla Japanで開発)
  • インストール用のスクリプトファイル開発
  • 社内導入マニュアル策定

 7月から開始予定の導入サービスには「Mozilla Thunderbird」の導入に関わるサービスも含まれるものとなるようだ。

 テンアートニといえば、Mozilla Japanの設立時に1000万円出資しているほか、喜多伸夫氏、江後田基広氏は理事としてMozilla Japanに参加するなど、密接なつながりがある。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ