ニュース
» 2005年06月03日 21時56分 UPDATE

住商エレ、米eEyeの脆弱性スキャナ「RETINA」を国内販売

住商エレクトロニクスは6月3日、米eEye Digital Securityが開発した脆弱性検査スキャナ「RETINA」の販売を開始した。

[ITmedia]

 住商エレクトロニクスは6月3日、米eEye Digital Securityと総販売代理店契約を結び、同社の脆弱性検査スキャナ「RETINA」の販売を開始した。

 RETINAは、Windowsはもちろん、LinuxやSolarisといったUNIX系OSやその上で動作するアプリケーション、ネットワーク機器や無線ネットワークを検査し、既知の脆弱性を発見するためのツール。eEye Digital Securityが発見した新たな脆弱性を即座に反映させることで、常に最新の脆弱性について検査を行える。

 特徴は、独自の検査アルゴリズムによって、ネットワークに負荷をかけることなく高速にスキャンを行えること。また、パッチ適用による「副作用」の発見技術を活用することで、稼動中の機器に影響を与えることなく検査を行えるほか、誤検出の確率を減らしている。

 住商エレクトロニクスでは、ネットワークセキュリティ診断サービスを提供する事業者や企業などのエンドユーザー向けにRETINAを販売していく。初年度3億円の売り上げを見込んでいる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -