速報
» 2005年06月14日 08時26分 UPDATE

Adobeのライセンス管理サービスに脆弱性、Photoshopなどに影響

Photoshop CSやCreative Suiteなど、複数のAdobe製品のWindows版に脆弱性が見つかり、Adobeがアドバイザリーを公開、該当製品のユーザーにアップデートを呼び掛けている。

[ITmedia]

 Adobe Photoshop CSなど複数の製品にライセンス管理サービス関連の脆弱性が存在するとして、Adobe Systemsがアドバイザリーを公開した。影響を受ける製品の全ユーザーに対してアップデートの適用を呼び掛けている。

 Adobeのアドバイザリーによれば、影響を受けるのは「Adobe Photoshop CS」「Adobe Creative Suite 1.0」「Adobe Premiere Pro 1.5」の各Windows版。ライセンス管理サービスのインストールに関連した脆弱性が原因で、ユーザーのコンピュータに不正アクセスされる恐れがあり、管理者権限でプログラムを実行されてしまう可能性がある。

 ライセンス管理サービスはプロダクトアクティベーションを必要とするAdobeの各種製品に組み込まれているが、Adobeでは今のところ、この脆弱性を突いた不正コードの報告は受けていないという。

 対処法として、小売り経由で購入したPhotoshop CS、Creative Suite 1.0、Premiere Pro 1.5の場合はライセンス管理サービスのアップデートを呼び掛けている。なお、Photoshop最新版のCS2と、Creative Suite最新版のCS2はこの脆弱性の影響は受けず、アップデートの必要はないとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ