ニュース
» 2005年07月13日 12時12分 UPDATE

アイ・エス・ティ、イベントログの統合管理/解析ソフト「IQ SystemAnalyzer」

アイ・エス・ティは、複数のプラットフォームが混在する環境でイベントログを収集、集中管理し、解析を行うソフトウェア「eIQ SystemAnalyzer v3.2」を発表した。

[ITmedia]

 アイ・エス・ティは7月12日、WindowsやLinux、UNIXなど複数のプラットフォームが混在する環境でイベントログを収集、集中管理し、解析を行うソフトウェア「eIQ SystemAnalyzer v3.2」を発表した。

 eIQ SystemAnalyzerは、米eIQ Networkが開発したログ管理/解析製品。ログファイルデータを収集する「SyslogCollector」と組み合わせて利用する。監視対象のサーバやワークステーションにエージェントソフトなどをインストールする必要はない。

 複数のプラットフォームで稼動するOSやアプリケーション、サービスからイベントログ/Syslog情報を収集し、サーバやクライアントのパフォーマンスや不具合などをモニタできるほか、不正ログインやログインの失敗、危険なイベントを管理者に警告することができるという。パフォーマンスや運用データを時系列的に保持し、履歴を参照しながらトレンド分析を行うことも可能だ。

 eIQ SystemAnalyzerの動作環境はWindows NT 4.0、Windows XP/2000、Windows Server 2003.ライセンス価格は、10ホストの場合で20万円。官公庁や金融機関、病院、学校などを対象に7月下旬より販売を開始する。またそれに先立ち、期間限定で利用できる評価版のダウンロードも開始している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -