ニュース
» 2005年07月28日 12時55分 UPDATE

Windows Vista、β1にないものとあるもの (1/2)

Windows Vistaのβ1には、2006年後半の正式リリース時に搭載される機能の多くが欠けているが、Microsoftがこの数年開発者・顧客向けイベントで話してきた幾つかの技術を初めて見ることもできる。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 Windows次期版「Windows Vista」(コードネーム:Longhorn)が7月27日、β1のリリースという大きなマイルストーンに達したことをMicrosoftが発表した(関連記事参照)。同社はWindows XP向けInternet Explorer(IE)7の最初のβ版もリリースした(IE 7はWindows Vistaにもバンドルされる)。

 Microsoftは先週、同OSの正式名称を発表した時にβ1のリリース期限を8月3日としていたが、それよりも数日早いリリースとなった。このβ1は1万人のβテスターに即時ダウンロード提供される。テスターのほとんどは企業のITスタッフや開発者だ。

 Microsoft Developer Network(MSDN)とMicrosoft TechNetのメンバー約50万人も間もなくβ1を入手できるが、公式テスターと違ってサポートは受けられない。

 β1は、2006年後半の正式リリース時に搭載されるユーザー指向の機能の多くが欠けていることもあり、一般向けには提供されないとMicrosoft関係者は語る。「カンバスは完成していない。半分も色を塗っていない」と話すのは、Windowsクライアント部門グループプロダクトマネジャー、グレッグ・サリバン氏。

β1にない機能

 β1にないのは、Windows Media Playerの新版、Tablet PCおよびMedia Center PCのサポートなどの重要な機能だとサリバン氏は語る。しかしこのβ1は、Microsoftがこの数年さまざまな開発者・顧客向けイベントで話してきた幾つかの技術を初めて披露する。

 Windowsクライアント担当ジェネラルマネジャー、ブラッド・ゴールドバーグ氏は最近のプレβ1ワークショップで記者とアナリストに対し、Windows Vistaの設計目標は大きく3つのカテゴリーに分けられると語った。セキュリティ、プライバシー、パフォーマンス、信頼性、導入のしやすさを強化することで、「PCに対する新たなレベルの信頼」を植え付けること。組織と情報の利用に透明性をもたらすことと、「ユーザーを他人やデバイスにシームレスにつなぐ」ことだ。

 この3つのうち、ユーザーの信頼向上がプレβワークショップでは一番に挙げられていた。「最初に基礎を固めなければならない」とWindowsクライアント担当ディレクターのオースティン・ウィルソン氏。Microsoftは、「パッチ管理の悪夢」を避け、「Blasterのようなことが今後起きないように」脆弱性を封じ込めることを決意していると同氏は語る。

美しいグラフィックス

 Windows Vistaをロードしたユーザーは、Avalonディスプレイエンジンの素晴らしいグラフィックスに驚くだろう。アイコンはこれまで以上にきめ細かく、好みに合わせて大きさを変えられる。ほとんどの文書のサムネイルを取得することもできる。PCにLonghornのグラフィックスをサポートするディスプレイドライバがあれば、「Aero」デスクトップテーマの透明なウィンドウフレームを楽しめる。

 検索はユーザーインタフェースの至る所から利用できる。すべてのウィンドウにはアドレスバーの右に小さな検索フィールドがあり、スタートメニューの下部にも検索ウィンドウがある。これら検索フィールドのほとんどは文脈依存型だ。例えば、スタートメニューの検索フィールドにアプリケーションの名前を入力すると、それに一致する実行可能ファイルのリストが表示される。「すべてのプログラム」ボタンをクリックした時に表示される長いリストをスクロールして、目当てのソフトを探さずに済む。

 これまでと同様にWindows Explorerにはフォルダシステムが表示されるが、ユーザーが作成したフォルダが格納されるのに加え、仮想フォルダがあらかじめ含まれている。仮想フォルダを使うと、ファイルの実際の位置にかかわらず、メタデータ(ファイルシステムが集めた情報)を使って文書を検索できる。例えば、「Authors」という仮想フォルダを開くと、特定の作成者による文書をすべてチェックできる。別の仮想フォルダでは、ユーザーがファイルに割り当てたキーワードによって文書を調べられる。

ユーザーアカウント保護

       1|2 次のページへ

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ