速報
» 2005年12月22日 14時35分 UPDATE

Thunderbird 1.5 RC2リリース

Thunderbird 1.5 RC2では、自動アップデートなどの新機能が追加されている。日本語版もリリースされた。

[ITmedia]

 Mozilla Foundationは12月21日、オープンソースメールソフト「Thunderbird 1.5」のリリース候補第2版(RC2)をリリースした。

 RC2はWindows、Mac OS X、Linux向けに英語、日本語、中国語など各国語版が提供されている。

 RC2では自動アップデート、スペルチェック、メールの送信頻度に応じたアドレスオートコンプリートの並べ替えなどの新機能が追加されている。またポッドキャストやRSSのサポートが改善されたほか、「Saved Search Folders」で複数のアカウントにまたがる検索を実行できるようになった。

 セキュリティ面でも、フィッシング検知機能、添付ファイル削除、サーバ側のスパムフィルタリングとの統合、Kerberos認証などの強化が加えられている。

 Mozillaのロードマップによると、Thunderbird 1.5の正式リリースは2006年1月の見通し。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

あなたにオススメの記事

- PR -

新品より高品質な“中古機器”「第三者保守」のメリットと品質とは?

苦労した点は?実際に導入に携わった情シスに「リアル」な話を聞いてみた

現場の情シスはどう思うか? 生産性を高めるためのデバイス導入のポイント

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -