ニュース
» 2006年01月24日 19時48分 UPDATE

Websense、Yahoo! IMユーザー標的のフィッシング攻撃に警告

Websense Security Labsは、Yahoo! Instant Messengerのユーザーをターゲットに、フィッシングサイトへの誘導を試みる偽メッセージが送信されているとし、警告を発した。

[ITmedia]

 米Websenseのセキュリティ情報分析機関、Websense Security Labsは1月23日、Yahoo! Instant Messengerのユーザーをターゲットに、フィッシングサイトへの誘導を試みる偽のメッセージが送信されているとし、注意を呼びかけた。

 この攻撃では、Yahoo! Instant Messengerを通して「click on this website」(このWebサイトをクリック)というメッセージが送られてくる。URLをクリックすると、米国の「Yahoo! Photos」を偽装したフィッシングサイトに誘導され、ユーザー名とパスワードを入力するよう求められるという。

フィッシングサイトの画面 Yahoo! Photosを装ったフィッシング詐欺サイトの画面

 同社がアラートを発した米国時間1月23日の時点でこのフィッシング詐欺サイトは閉鎖されておらず、万一アカウントなどを入力すると、その情報が第三者に送信されてしまう状態だった。仮にこのようなメッセージを受け取ったとしても、アカウントやパスワードをはじめとする重要な情報は入力すべきではなく、注意が必要だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -