速報
» 2006年03月01日 08時25分 UPDATE

Symantecが消費者向けセキュリティ啓発サービス

インターネットを使った攻撃や詐欺について、どんなリスクがあり、どんな対策を取ったらいいのかを消費者に理解してもらう場を提供する。

[ITmedia]

 米Symantecは2月28日、セキュリティについてコンシューマーに理解を深めてもらうための啓発サービス「Symantec Internet Threat Meter」を発表した。

 このサービスは同社サイトを通じて提供され、電子メール、Web、インスタントメッセージング(IM)、ファイル交換について、それぞれのリスクレベルと最新のセキュリティ情報について解説。サイバー犯罪に関するクイズなどを通じて知識を深めてもらい、コンピュータや個人情報を守るための対策を紹介している。

 コンシューマーはインターネットを使った攻撃や詐欺について耳にすることはあっても、どんなリスクがあり、どんな対策を取ったらいいのかを学べるリソースはこれまでほとんど存在しなかったとSymantecは指摘。Internet Threat Meterでは、こうしたコンシューマーの拠り所となるリソースを提供すると説明している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ