ニュース
» 2006年03月09日 19時03分 UPDATE

富山市の病院で患者の手術情報が流出、ウイルス感染は2004年12月

富山市の病院で、職員の私物PCがウイルスに感染し、手術室使用履歴などを含む患者の個人情報、2873件がWinnyに流出していた。

[ITmedia]

 富山市の長谷川病院は3月8日、職員の私物PCがウイルスに感染し、手術室使用履歴などを含む患者の個人情報、2873件がP2Pファイル共有ソフトのWinnyネットワークに流出したことを明らかにした。

 流出したのは、1997年9月から2004年12月に手術を受けた患者2873件の氏名、性別、年齢、生年月日および手術術式などを記したExcelファイル。住所や電話番号、病名は記入されていないという。

 原因は、職員が業務整理などに利用していた私物PCがウイルスに感染したため。長谷川病院では、診療情報を電子化した2005年以降、患者情報の院外持ち出しを許可登録制とするほか、私物PCの院内持ち込み禁止、Winnyの使用禁止といった措置を取ってきた。しかし職員のPCがウイルスに感染したのはその前の2004年12月だった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -