速報
» 2006年03月11日 07時51分 UPDATE

QuickTimeとiTunesに脆弱性報告

セキュリティ企業のeEyeによれば、QuickTimeとiTunesに2件の脆弱性が存在し、リモートからのコード実行を許す恐れがあるという。

[ITmedia]

 Apple Computerのメディアソフト、QuickTimeとiTunesに2件の脆弱性が見つかったとして、セキュリティ企業のeEye Digital Securityが概要を公表した。危険度は「高」と評価している。

 eEyeのアドバイザリーによれば、QuickTimeとiTunesに整数オーバーフローとヒープオーバーフローの脆弱性が存在する。いずれも悪用されるとリモートからコードを実行される恐れがあるという。

 脆弱性はWindows版とMac版の両方が影響を受ける。eEyeでは脆弱性を発見するとベンダーに通報し、詳しい情報を提供して修正に協力しているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ