速報
» 2006年03月18日 08時03分 UPDATE

IBM、Cell BEでRambus技術をライセンス

契約に基づきIBMは、Cell Broadband Engineプロセッサと付属チップで、RambusのFlexIOプロセッサバスとXDRメモリインタフェース技術を利用できる。

[ITmedia]

 メモリ設計企業の米Rambusは3月17日、米IBMとライセンス契約を交わしたと発表した。契約に基づきIBMは、Cell Broadband Engine(Cell BE)プロセッサと付属チップで、RambusのFlexIOプロセッサバスとXDRメモリインタフェース技術を利用できる。

 Rambusによれば、高速FlexIOとXDRインタフェースをIBMのプロセッサ技術と組み合わせることで、Cell BEを使った家電製品やサーバ、高性能コンピューティングシステムのパフォーマンスを最大限に引き上げることが可能になる。

 IBMでは今回のRambusとの契約について、「革新的なCell BEアーキテクチャを基盤とした最先端のコンピューティング製品群を開発するという目標に沿って、Cell BEベースのチップセットに引き続き注力する一環」(IBMエンジニアリング/テクノロジーサービス世界配信副社長、ケビン・カーズウェル氏)だと説明している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ