インタビュー
» 2006年03月31日 14時36分 UPDATE

Focus on People:OpenBSDのシャオ・デ・ラード氏に聞く (1/3)

OpenBSDの最新バージョン3.9が間もなくリリースされる。新バージョンではどのような改良が加えられたのか。また、フリーソフトウェアを利用して利益を上げるばかりで何ら貢献しようとしない企業について、同プロジェクトのリーダーに聞いた。

[Manolis-Tzanidakis,japan.linux.com]
SourceForge.JP Magazine

 UNIX系オペレーティングシステムOpenBSDの新バージョン3.9が間もなくリリースされる。新バージョンと同プロジェクトの財政状況について、またフリーソフトウェアを利用して利益を上げるばかりで何ら貢献しようとしない企業について、同プロジェクトのリーダー、シャオ・デ・ラード氏に聞いた。

separate-dots.png

NewsForge よろしくお願いします。まず始めに、ご自身についてお話しいただけますか。OpenBSDプロジェクトではどのようなお仕事をなさっているのでしょうか。

ラード OpenBSDのプロジェクトリーダーになって10年以上になります。いろいろなことがありましたが、グループの開発者たちと乗り切ってきました。関連プロジェクトも幾つかあり、UNIXの世界で皆さんに広く使われています。OpenSSHなどですね。

NewsForge OpenBSDには、現在、何人の開発者がいるのでしょうか。

ラード プロジェクト内の開発者は少しずつ増えてきました。当初は40名でしたが、今では80名ほどになっています。もちろん、これは内部の開発者だけです。このほかに、プロジェクトを外部から助けてくれる人たちがたくさんいます。不具合を報告してくれる人、改修法や新しいコードを寄せてくれる人たちです。ほかのソースにあるコードを一部借用することだってあるのですよ。もちろん、そうした利用が許されていればのことですけど。(プロジェクト内部の開発者と外部の人たちを分けていますが)内部の開発者は責任が重く――担当領域を実際に維持管理する――、外部の人たちはそれに比べれば責任は軽くなります。ですから、外部の人が内部の人をうらやむことはなく、不具合を発見し改修法を考え報告することに専念しているはずです。多くの(適切な)改修法を報告してくれる人がいれば、内部の開発者として招請しています。

NewsForge hackathonと呼ばれているイベントを定期的に開催していますね。これは、どういうイベントでしょうか。

ラード hackathonは、何年も前から開催しているイベントです。みんなが一カ所に集まって(通例、カンファレンスの前か後です)コードを書きます。まさに仕事をするための場で、おしゃべりはほとんどありません。みんな、やるべきことは基本的に分かっていますからね。会議でもなく、発表会でもなく、いわゆるサミットでもありません。ソースツリーに関する作業をする場です。今すぐ確かめたいことがあれば、その当の相手がすぐ近くに座っている。そういう環境です。

NewsForge OpenBSDは、現在使われているオペレーティングシステムの中でもきわめて安全性が高いといわれています。どのような対策を取っているのでしょうか。

ラード この10年、わたしたちはOpenBSDの安全性を高めるために過剰なほど真剣に取り組みんできました。第1に、あらゆることについて抜本的な検討をためらわないこと。わたしたちは後方互換性が失われることもいといませんでした。第2に、システムのどこであろうとも欠陥を一つ見つけたら同じ欠陥がほかにもあるはずだと考えること。わたしたちは同じ欠陥を徹底的に洗い出しました。第3に、ソフトウェアの欠陥を攻撃しにくいものにする手法を幾つか開発し、それらを組み合わせたことです。

 わたしたちはこうした3つの対策を徹底的に守ってきましたが、この点ではほかのベンダーよりはるかに先行しています。わたしたちのようにソースコードを扱っているベンダーはないでしょう。わたしたちはソースコードを完成品だとは思っていません。常に手をかけ少しずつ改善していくものだと考えています。

 詳しいことは、wikipediaにわたしたちの安全対策を論じた労作がありますのでご覧ください。あちこちのカンファレンスでわたしが発表してきた「Exploit Mitigation Techniques」という報告書もあります。

NewsForge OpenBSDを使うべき理由はありますか。安全性以外にですが。

ラード わたしは論評する立場にはありません。人それぞれ使いたいものを使うべきですし、「何を使うべし」とご託宣を述べるのはわたしの任ではありません。しかし、冒険好きの人が至ら尋ねてみるとよいでしょう。

NewsForge この5月1日に次期安定バージョン3.9がリリースされます。3.8から3.9への全変更点が公開されていますが、このリリースの新機能について一言お願いします。macppcアーキテクチャ上のG5ベースのMacがサポートされます。現時点での完成度はいかがでしょうか。

ラード 動いているモデルもありますが、Serverworks SATAチップセットを搭載するマシンの一部で不可解な不具合が見つかっており、まだ解決できていません。このチップセットの解説資料がないのです。よくあることですが。

NewsForge ハードウェアセンサーがサポートされますね(ESM、IPMI、IIC)。サーバには、特に便利な機能だと思いますが。

関連キーワード

Linux | コミュニティー | UNIX | BSD | Focus on People


       1|2|3 次のページへ

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -