速報
» 2006年04月07日 08時14分 UPDATE

4月の月例パッチは5件、IE脆弱性などに対処

5件のうち4件はWindows関連で、最大深刻度は「緊急」となる。残る1件はOfficeとWindows関連のアップデートで、最大深刻度は「重要」レベル。

[ITmedia]

 米Microsoftは4月11日に予定している月例セキュリティアップデートで、5件の更新プログラムをリリースする計画だ。6日の事前予告で明らかにした。

 5件のうち4件はWindows関連で、最大深刻度は「緊急」となる。一部のアップデート適用後は再起動が必要。Internet Explorer(IE)の「createTextRange」に関する既知の脆弱性にも対処する。

 残る1件はOfficeとWindows関連のアップデートで、最大深刻度は「警告」レベル。再起動が必要になる場合もある。

 また、悪意あるソフトの削除ツールもアップデート版を配布する。

 Microsoftは先日公開したセキュリティアドバイザリーで、今回の月例アップデートではEolas訴訟に関連したIEの変更も適用するが、この変更を一時的に回避するための「互換性パッチ」も同時にリリースすると表明している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -