ニュース
» 2006年04月10日 07時00分 UPDATE

ゲーム開発を低コスト化するXNAがようやく見せた成果

XboxおよびPCゲームの統合開発プラットフォーム「XNA」構想の発表から2年。XNAは2006年3月に開催されたGame Developers Conferenceにおいて、その姿を垣間見せた。ゲーム開発の革新的な効率化を期待できるが、具体的な提供時期は発表されていない

[ Matt Rosoff,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 XboxおよびPCゲーム用の統合開発プラットフォーム「XNA」構想を発表してから2年が過ぎ、Microsoftは遂に2006年3月に開催されたGame Developers Conference(GDC)において、XNAの一部のコンポーネントを公開した。XNAの目標は、まずWindows開発で使われているような開発ツールを提供することで、ゲーム開発のコストを削減することだ。グラフィックを駆使したXboxゲームの場合、1作品の開発に1000万ドル以上かかることもある。また、異種プラットフォーム間でのゲームの移植を容易にして、ゲームパブリッシャーがより短期間でコストを回収できるように支援することも目標の1つだ。しかし、XNAは開発のさなかにあり、主要コンポーネントの具体的な提供スケジュールについては発表されていない。

 GDC 2006では、チーム開発におけるコード管理支援ツール、ゲーム開発用の.NETライブラリ、サードパーティによるXbox Liveの利用を可能にするプラットフォームが公開された。

XNA Build
 計画されているXNA Studio開発環境のコンポーネントのうち初めて公開されたコンポーネントである。GDCではCTP(コミュニティ技術プレビュー)版として配布された。XNA StudioはVisual Studio Team Systemベースの開発環境で、コーダーやグラフィックデザイナーなどさまざまな役割のメンバーが携わる大規模なチーム開発を支援する。XNA Buildでは、ゲームビルドのオーケストレーションを支援するツール群を提供する。オーケストレーションとは、ゲームのソースコード、グラフィック、音声、動画ファイルをまとめて、コンソール上で実行できる形式に変換するプロセスを指す。例えば現在は、ゲームプロデューサーが独自のスクリプトとツールを使用して特定のゲームコンポーネント群を作成し、開発者がまた別のコンポーネント群を、グラフィックアーティストが別のコンポーネント群を作製するということが一般的だ。このような状況では、各コンポーネント間の依存関係の把握や、開発初期のゲームビルドのデバッグは困難である。XNA Buildは、Visual Studioおよび.NET Frameworkを基盤に統一されたビルドテクノロジーと、コンポーネント間の連携および依存関係を把握するためのツールを提供する。

XNA Framework
 ゲーム開発専用の.NETライブラリセットであり、MicrosoftのC#言語を使用してPCとXboxの両方のプラットフォームのゲーム開発を可能にする。XNA Frameworkの威力を示すデモンストレーションで、Microsoftはグラフィックを駆使したゲームをPCとXbox 360上で実行して見せたが、このゲームの両システム間での移植はわずか1日で完了したという。また、スマートフォンプラットフォーム用に開発した簡単な麻雀ゲームも1週間足らずでPCとXbox 360に移植できたとしている。ただし、XNA FrameworkはMicrosoft社内では使用されているが、ゲーム制作会社には現時点ではリリースされていない。

 XNA BuildおよびXNA Frameworkの配布版は、2006年末までにリリースされる見込みだ。

Xbox Live Server Platform
 サードパーティのゲーム制作会社が自社のゲームサーバーをMicrosoftのXbox Liveインフラストラクチャに接続できるようにするプラットフォーム。これは、サードパーティの制作会社が、数千人規模のプレーヤーが参加する大規模なマルチプレーヤーオンラインゲームを開発する場合に最も威力を発揮するだろう。同プラットフォームを利用すれば、ゲーム制作会社が実際のゲームサーバーを保守でき(これはMicrosoftとしては負担を免れたいコストだ)、Xbox Liveではネットワーク接続や認証などの基本サービスを提供する。Xbox Live Server Platformのサポートは、2006年5月にリリースが予定されているXbox Development Kitの次期バージョンに組み込まれる予定だ。

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -