ニュース
» 2006年04月12日 19時12分 UPDATE

「Legoブロックをイメージ」――グーグルが日本版「Google Mini」投入

グーグルは、企業Webサイトやネットワーク内の文書を検索できるようにするアプライアンスの新製品「Google Mini」を発表した。

[高橋睦美,ITmedia]

 グーグルは4月12日、企業Webサイトやネットワーク内の文書を検索できるようにするアプライアンスの新製品「Google Mini」を発表し、販売を開始した。価格は、5万ドキュメント対応の場合で46万円から。三井情報開発やネットマークス、NTTコミュニケーションズといったパートナー経由で販売していく。

 Google Miniは、企業ネットワークやファイル共有システム内のさまざまなファイルのインデックスを生成し、GoogleのWeb検索と同じように検索できるようにするアプライアンスだ。テキストやHTML形式のファイルに加え、Microsoft OfficeやPDFなど220種類以上のファイル形式に対応している。

 「企業の従業員と顧客の双方が、情報により簡単にアクセスできるようにする」と、米Googleのエンタープライズ部門副社長、デイブ・ギロウド氏は述べた。

ギロウド氏 Google Miniの本体を抱えるギロウド氏

 「これまでにたくさんのナレッジマネジメントシステムが構築されてきたが、誰も使っていない。これに対しWeb検索は使いやすく、誰もが行っている作業だ」(同氏)

 米国では最初のGoogle Miniは、2005年1月にリリース済み。これに対し今回発表されたGoogle Mini製品は、日本市場向けに新たに作り込まれている。筐体を2分の1に小型化して外部デザインを一新したほか、インタフェースなども完全に日本語化された。

 「今回のGoogle Miniは、Legoブロックに触発されて日本向けに開発した製品。非常にシンプルで使いやすく、しかも有用だ」とギロウド氏。

インタフェース Google Mini管理画面のインタフェース

 同社は2005年4月より、やはり企業向けの検索アプライアンスとして「Google 検索アプライアンス」を提供してきた。Google 検索アプライアンスが最大1500万ドキュメントに対応し、比較的大規模な企業をターゲットにしているのに対し、Google Miniは最大30万ドキュメントに対応。価格を抑えることで、より小さな規模の企業や組織でも利用できるようにした。なおGoogle Miniは、Google 検索アプライアンスが備えるシングルサインオン機能まではサポートしないが、コレクション機能と呼ばれるグループ単位のアクセス制御により、検索範囲をコントロールできるという。

 OracleやMicrosoftなど、他の有力なベンダーも検索という市場に足を踏み入れつつあるが、こうした動きは「検索というものが非常に重要なビジネスになっていることの証」(ギロウド氏)であり、歓迎すべきものとしたうえで、「(Google)オリジナルの製品と(他社の)コピーを比べるならば、当然オリジナルが選ばれるだろう」と自信を見せた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ