ニュース
» 2006年04月17日 12時07分 UPDATE

エクセルソフト、Intel Mac向けのソフトウェア開発環境を発売

C++/Fortrun、マス・カーネルなど、アップルのインテルCore/Core Duo搭載Macintosh向けに低価格なアプリケーション開発環境が登場。

[ITmedia]

 エクセルソフトは、アップルのインテルプロセッサ搭載Macintosh向けにソフトウェア開発環境の販売を開始した。なお、Windows、Linux版でも同等製品が用意され、こちらは4月25日から提供を開始する。同社製品では、3つのプラットフォームで同じライブラリを使用できることも大きな特徴となっている。

 Intel Mac向けの製品ラインアップには、「インテル C++コンパイラ9.1 Mac OS版」(5万7750円)をはじめ、「インテル Fortrunコンパイラ9.1 Mac OS版」(6万8250円)、「インテル マス・カーネル・ライブラリー8.1 Mac OS版」(5万7750円)「インテル インテグレーテッド・パフォーマンス・プリミティブ5.1 Mac OS版」(2万9400円)が用意されている(上記の価格はすべて、シングルユーザーライセンスの場合)。

 C++/Fortrunコンパイラでは、Core Duoプラットフォームに適した最適化、並列化を実現するマルチスレッドアプリケーションの開発が可能。コンパイル時にソースコード内から最適化と並列化を実現するバイナリ生成を行う。また、Mac OS向けの統合開発環境であるXcode 2.2.1に組み込んで利用することもでき、gcc 4.0とソース、バイナリ、コマンドラインレベルでの互換性を実現する。

 マス・カーネル・ライブラリーは、科学技術計算や金融アプリケーション向けに数値演算関数を提供する最適化、並列実現のライブラリー。線形代数や高速フーリエ変換、ベクトル数学関数などを提供する。

 インテグレーテッド・パフォーマンス・プリミティブは、画像処理や信号処理、JPEGや動画のコーディングなどを最適化/並列化を実現して提供するライブラリー。

 動作環境はインテル Coreマイクロアーキテクチャーベースのシステム(またはCore Duoプロセッサ搭載)でMac OS X 10.4.3以上、Xcode 2.2.1、gcc 4.0をサポートしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -