速報
» 2006年05月04日 07時08分 UPDATE

「Skypeキャスト」で100人の電話会議

Skypeを使って最大で100人参加の電話会議ができる新サービス「Skypecasts」のプレビュー版が公開された。ブログサービスのSix Apartはブログと連動したサービスを提供する。

[ITmedia]

 インターネット電話ソフトのSkypeは5月3日、最大で100人参加の電話会議ができる新サービス「Skypecasts」のプレビュー版を発表した。同時にSkypeソフト新版「2.5」のβ版をリリースしている。

 SkypecastsではSkypeを使った電話会議で「ホスト」が司会進行役を務め、発言を希望する参加者に仮想マイクを回したり、音声を消したりすることができる。会議の主催や参加は無料。

 現在、複数のパートナー企業がSkypecastsを試験導入しているという。ブログサービスを運営するSix Apartは、オンラインコミュニティー拡大のためにSkypecastを利用する計画。ブロガーがSkypecast開催の日時を決めて自分のサイトにリンクを貼り、そのサイトを訪れたSkypeユーザーがこれをクリックして会議に参加できるようにする。

 Skypecastsは簡単なHTMLを使ってどんなWebサイトにも貼ることができるという。プレビュー版は同社の専用サイトで公開されている。

 一方、新しいWindows向けβ版のSkype 2.5では、Skypeアカウントの設定が簡単になり、有料サービス利用のための決済機能が組み込まれた。このほかショートメッセージの送信、Outlookの連絡先参照、連絡先グループ共有、自動アップデート、通話品質管理などの機能が盛り込まれている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -