ニュース
» 2006年05月16日 07時00分 UPDATE

Xboxの生産コストが圧迫、新興事業は赤字に再転落 (1/3)

2006年第3四半期は、オンラインサービスなどいくつかの分野での投資拡大のため、経費が予想を上回る結果となった。サーバー部門の業績は堅調に推移しているが、Xboxなどの新興事業は赤字に再転落している。

[Matt Rosoff,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 2006年度第3四半期(2006年3月31日期末)の売上は、引き続きSQL Serverの販売が好調なこととXbox 360の流通量の拡大に支えられ、前年度同四半期比13%増の100億9000万ドルを記録した。2006年度第2四半期と第1四半期の前年比がそれぞれ9%と6%であることを考えると、これは注目すべき成長である。ただしMicrosoftは、Xboxやオンラインサービスを始めとする新興事業部門と、新しい営業プログラムへの投資に伴う経費の拡大を見込み、2006年度の予想利益を下方修正している。

 また、同社は2007年度(2006年7月1日期首)の最初の予想を発表した。2007年度は同社の2つの最主力製品WindowsとOfficeの新版がリリースされる予定である。同社は売上高を495億〜505億ドル、成長率を2006年度の11%をわずかに上回る12〜14%と予想している。また、営業利益の2007年度予想は187億〜192億ドル、成長率にして11〜15%である(営業利益は、通常の業務から得る収入から事業を行うための経常的な経費を差し引いたもので、投資による損益や税金は含まない。ただし、訴訟和解費用は含んでいる。)

Microsoftの過去5四半期の財務状況

2006年第3四半期
2006年1〜3月
2006年第2四半期
2005年10〜12月
2006年第1四半期
2005年7〜9月
2005年第4四半期
2005年4〜7月
2005年第3四半期
2005年1〜3月
売上高 $10.90 $11.84 $9.74 $10.16 $9.62
純益 $2.98 $3.65 $3.14 $3.70 $2.56
営業利益*1 $3.89 $4.66 $4.05 $2.99 $3.33
1株当たり利益(ドル) $0.29 $0.34 $0.29 $0.34 $0.23
株式数(10億株) 10.42 10.64 10.77 10.82 10.93
純益(対売上比率) 27.3% 30.9% 32.2% 36.4% 26.6%
売上原価(対売上比率) 18.6% 18.9% 12.9% 13.9% 14.5%
研究開発費(対売上比率) 14.8% 13.4% 15.6% 16.6% 15.7%
販売費(対売上比率) 21.7% 22.7% 20.0% 27.2% 21.8%
一般管理費(対売上比率) 9.2% 5.6% 10.1% 12.8% 13.4%
現金 $34.8 $34.7 $40.1 $37.8 $37.6
前受収益 $8.90 $8.83 $8.81 $9.17 $7.94
単位:特記以外10億ドル


*1 営業利益は、通常の業務から得る収入から事業を行うための経常的な経費を差し引いたもの。純利益とは異なり、投資による損益や税金は含まない。ただし、訴訟和解費用は含んでいる。

経費拡大が堅調な業績を圧迫

 堅調な収益拡大を達成してはいるが、これには代価が伴われている。今四半期は、同社の4つの新興事業部がすべて赤字を記録している。2006年度第3四半期は、これらのうち3事業は黒字であった。

SQL Server新版リリースでサーバー&ツール部門は堅調
 サーバー&ツール部門は、15四半期連続となる10%以上の前年同期比収益成長率を維持し、予想していた売上高28億5000万ドル(16%増)および利益10億7000万ドルを達成している。この成長は、引き続き好調な売れ行きを見せるSQL Serverによるところが大きい。今期は5年ぶりに新版のSQL Server 2005がリリースされ、前年同期比で30%の収益成長を記録した。Microsoftでは、第4四半期でもサーバー&ツール部門の堅調は続き、前年比17〜18%の増収を予想している。

       1|2|3 次のページへ

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ