ニュース
» 2006年06月19日 15時40分 UPDATE

理化学研究所、1ペタFLOPSのシステムを構築

理化学研究所と日本SGI、インテルは、理論ピーク性能で1ペタFLOPSを実現する分子動力学シミュレーション専用コンピュータシステム「MDGRAPE-3」の構築に成功した。

[ITmedia]

 独立行政法人理化学研究所と日本SGI、インテルは6月19日、理論ピーク性能で1ペタFLOPSを実現する分子動力学シミュレーション専用コンピュータシステム「MDGRAPE-3」の構築に成功したことを明らかにした。

MDGRAPE-3 MDGRAPE-3

 同システムは、理研の開発した分子動力学シミュレーション専用LSIチップ「MDGRAPE-3チップ」を24個搭載したユニット201台に、インテルのXeon5000番台コアを256個搭載した並列サーバ64台、Xeon 3.2GHzコアを74個搭載した並列サーバ37台を接続している。

 同システムでは、TOP500リストの基準となる「Linpackベンチマーク」を実行できないため、性能を直接比較することはできないが、理論ピーク性能で1ペタFLOPSというのは、スーパーコンピュータの性能ランキング「TOP500」リストと比べると、現在第1位にランクされている「IBM BlueGene/L」の約3倍に相当する。

 今後、Xeon 5100番台(開発コード名:Woodcrest)への移行を予定しており、現在、検証作業を行っているという。

 同システムは、6月24日に理研横浜研究所が一般公開される際に公開予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ