ニュース
» 2006年08月02日 08時22分 UPDATE

Intel Centrino無線ドライバに脆弱性

Intelはパッチをリリースしたが、Microsoftの自動アップデートでは更新されないため、手動でのダウンロードが必要という。

[ITmedia]

 米Intelが、同社のCentrinoとPROSetの脆弱性に対応したパッチをリリースした。

 対象となるのはCentrinoとPROSetのワイヤレスドライバで、3点の問題が指摘されている。米SANS ISCによると、そのうちより深刻な2点はCentrinoの機能。これらの脆弱性に対する攻撃はまだ報告されていないものの、修正版へのアップグレードを勧めている。また、これらの修正はMicrosoftの自動アップデートでは更新されないため、手動でパッチをダウンロードする必要があるという。

 対象となるプラットフォームなどの詳細は、IntelのWebサイトで確認できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ