ニュース
» 2006年08月07日 13時56分 UPDATE

Google、スパイウェアサイトに警告

Googleは、スパイウェアなどの不正なソフトをばらまいている危険なサイトに対して、新たな対策を始めた。

[ITmedia]

 スパイウェアなどの不正なソフトをばらまいているサイトに対し、Googleが新たな対策を開始した。

 この対策は、ユーザーがGoogleの検索結果から危険なサイトにアクセスしようとすると、ポップアップで警告を表示するというもの。スパイウェア対策プロジェクトStopBadware.orgが、不正ソフトを配布していると判定したサイトが警告の対象となる。

ah_googlewarning.jpg

 Googleの警告ウィンドウにはStopBadware.orgの一般情報ページへのリンクが含まれるが、いずれこのリンクは個々の不正サイトの情報ページへのリンクに差し替えられるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -