ニュース
» 2006年09月12日 07時00分 UPDATE

VistaでHD DVDを見るには――提供されない再生ソフトウェア (1/2)

HD DVDパッケージタイトルのコンテンツをVistaで再生するには、Windows XPでの標準のDVDを再生する場合と同様に、サードパーティのソフトウェアが必要になる見込みだ。また、一部報道に反し、32ビット版と64ビット版ではサポート内容に違いはない。

[Matt Rosoff,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 VistaでHD DVDパッケージタイトルのコンテンツを再生するには、サードパーティのソフトウェアが必要になる見込みだ。追加でソフトウェアをインストールしない限り、Vistaに搭載されるWindows Media Player 11およびMedia Centerからは、HD DVDディスクを再生できない。これは、VistaでのHD DVDのサポートを約束してきたMicrosoftの言葉に反するように思えるが、Windows XPでの標準のDVDのサポートと同じ対応である。

 Microsoftは、2006年の初めに内々にHD DVDの再生ソフトウェアがVistaには搭載されないことについて詳細を明かしたが、この話が公表されたのは8月のことである。また、32ビット版と64ビット版でのサポートには違いがあるとの誤報が、さらに状況を分かりにくくしている。

Windows XPでのDVD対応と同じ結果に

 HD DVDは、ソニーのBlu-rayと並び、競合する互換性のない2つの高精細ビデオディスク規格の1つである。2005年9月にMicrosoftは、Blu-rayではなくHD DVDのWindows Vistaでのネイティブサポートを発表した。その後、同社は2006年5月のWindows Hardware Engineering Conference(WinHEC)において、VistaでHD DVDを利用するために必要なパートナーからのサポートを発表し、「Windows Vistaは、HD DVDの再生に必要なドライバ、ファイルシステム、その他のコンポーネントとともにリリースする」としている。

 しかし、ブログやWinHEC前のインタビュー、またWinHECのあるセッションでも、Microsoftは、Vista自体にはHD DVDの再生に必要なHD DVDデコーダソフトウェアは含まれないことを明らかにしている。代わりにユーザーは、Cyberlink、InterVideo(現在Corelによる買収が進んでいる)、Roxio、およびSonic Solutionsなどのサードパーティから追加のソフトウェアを入手する必要がある。サードパーティ製品の一部は、VistaのMedia Centerインタフェースに統合される予定で、これらの製品をインストールすれば、Media CenterからHD DVDを再生できるようになる。

 Microsoftは、HD DVDの再生機能をVistaに実装しない理由を説明していない。しかし、例えばユーザーがVistaの再生ソフトウェアを使用して、HD DVDディスクの著作権保護を違法に解除した場合、Microsoftが訴えられる可能性がある。ほかには、Vistaの各コピーにHD DVDデコードソフトウェアを搭載してリリースすることで生じるロイヤリティの支払いを回避したことも考えられる。ただし、この場合はMicrosoft自体がHD DVD関連の特許を幾つか保持しており、これらの特許に対するロイヤリティを設けていただろう。

       1|2 次のページへ

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ