特集
» 2006年11月22日 14時01分 UPDATE

SambaがNovellにMicrosoftとの提携解消を要請 (1/2)

NovellとMicrosoftの提携に対し、Sambaチームは特許に関する合意の取り消しをNovellに求める声明を出した。今回の提携は、商用フリーソフトウェアのコミュニティーと非商用フリーソフトウェアのコミュニティーとの分断をはかる脅威になるのだろうか。

[Joe-'Zonker'-Brockmeier,Open Tech Press]
SourceForge.JP Magazine

 NovellとMicrosoftの提携に対し、フリーソフトウェアコミュニティーの多くの人々は動揺と怒りを隠しきれない。Sambaチームは特許に関する合意の取り消しをNovellに求める声明を出し、Software Freedom Law Center(SFLC)はNovellの利益を考慮して同社との協議を進めている。

 SambaチームはNovellとMicrosoftの提携を非難している。そこでわれわれはSambaのメンバーであるアンドリュー・トリジェル氏に、Microsoftが真剣にフリーソフトウェアコミュニティーとの間の緊張緩和に取り組みむとしたら、フリーソフトウェアコミュニティーとの間でどのような交渉が可能だっただろうか、と尋ねた。

 「まずはSFLCとの話し合いを始めるべきだっただろう。NovellがSFLCとエベン・モグレン氏に相談もせず、何カ月もMicrosoftと交渉して今回の提携に至ったことに、わたしは非常に失望している」(トリジェル氏)。

 Sambaチームは前述の声明発表の前に非公式にNovellとの話し合いを持ったそうだが、トリジェル氏はこれについて「Novellにも、より広い範囲にわたるフリーソフトウェアコミュニティーにも、われわれの懸念を確実に理解してもらいたかったのだ」と話している。

 トリジェル氏によると、Sambaチームは声明に対する具体的な回答をまだ受け取っていないという。ただし、Sambaチームは「特許に関する合意についてはNovellの何人かと話し合った」と彼は述べている。SFLCのエベン・モグレン氏もまた、「NovellがMicrosoftとの提携を発表して以来、Novellとは広い範囲で協議を重ねてきた」と語っている。

 モグレン氏によると、SFLCはNovellとMicrosoftとの提携内容の確認を終えてNovellからは「全面的な協力」を得ており、また現在SFLCはNovellとの調整に向けて作業を進めているという。

 「Novellはわれわれが目を通す必要のあるものを提示してくれたし、こちらからの質問に答えてもくれた。それにSFLCはNovellの上級役員たちにも何の制約もなく自由に連絡を取る許可も得た。現在、われわれはクライアントの法的な利益を守るための平和的交渉を進めており、法的な強制措置が絡むような手順を踏む可能性は皆無だと見ている。ただし、われわれがこの事態を平和的に収拾できなかった場合には、状況は変わるかもしれない」(モグレン氏)。

       1|2 次のページへ

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ