ニュース
» 2006年12月12日 09時42分 UPDATE

Windows Vista海賊版のアクティベート方法、公表される

Windows Vistaの海賊版がP2Pで出回り始め、企業向けエディションをアクティベートする方法も公開されたという。

[ITmedia]

 企業向けに提供開始されたばかりのWindows Vistaの海賊版が出回り始め、海賊版をアクティベートするやり方も公開されたと、ロシアのセキュリティソフトメーカーKaspersky Labが報告している。

 Kaspersky Labによれば、Windows Vistaの海賊版はリリース直後からP2Pネットワークに登場し、11月30日の発売後には「Enterprise」エディションの海賊版が出現した。

 Windows Vistaには海賊版を防ぐ新機能が搭載され、偽のライセンスキーを使ってインストールすると機能が制限されるようになっているが、このアクティベーション機能を回避する方法も公開されたという。

 海賊版のアクティベーションに利用されたのは、「Business」「Enterprise」エディション向けのKey Management Service(KMS)というシステム。このシステムではMicrosoftとライセンス契約を結んだ企業が、ローカルクライアントマシン1台1台でMicrosoftに接続しなくても、社内サーバを使ってアクティベーションを一括処理できる。

 海賊側はこの仕組みを利用してスタンドアロンのKMSを設置し、Microsoftに接続しなくても誰でもVistaの認証を受けられるようにしたという。

 ただ、このやり方は「Home」と「Ultimate」エディションには通用しない。また、Businessエディションのアクティベーションがうまくいったとしても、半年ごとに再認証が必要で、海賊版阻止のためのWindows Genuine Advantageプログラムにも引っかかるとKaspersky Labは指摘している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ