ニュース
» 2007年02月28日 19時28分 UPDATE

デル、Exchange Server 2007のメールソリューションを提供

デルとマイクロソフトはこのほどExchange Server 2007の共同検証を行い、メールリューションとしてデルが提供を開始する。

[ITmedia]

 デルは2月28日、マイクロソフトのExchange Server 2007によるメールソリューションを新たに開始すると発表した。金融商品取引法(J-SOX法)に基づく内部統制強化を目指す企業向けに提供する。

 デルとマイクロソフトでは、デルの「PowerEdge」サーバとExchange Server 2007による、64ビット環境でのパフォーマンスや高可用性、ディザスタリカバリ対応などを検証した。デルは、検証結果に基づいて3種類のソリューションパッケージを提供する。

 「メールアーカイブソリューションパッケージ」(税込1668万90円)は、1000ユーザー環境で送受信されるすべてのメールデータを改ざんが不可能な形で自動的に保存する。保存データは法的証拠として利用できる。

 「ディザスタリカバリソリューションパッケージ」(同434万1960円)は、Exchange Server 2007のCCR(Cluster Continuous Replication)機能を利用してホストベースのディザスタリカバリを実現したもの。複数のストレージ間で、リアルタイムや非同期でのレプリケーションや差分バックアップが行える。

 このほか1000〜3000ユーザー環境向けのExchange Server 2007導入パッケージ「ソリューションパッケージ」(217万980円)が用意されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -